今、注目のワイナリーに訪問してまいりました!

國津果實酒醸造所

こちらは三重県名張市に2018年に開設されたワイナリーです。
名張市は元々葡萄の産地でありまして、こちらのワイナリーは商工会議所が中心となり地域経済活性化のプロジェクトとして立ち上げられました。
なんと、閉校となった「名張市立國津小学校」の校舎を利用しての出発でした。

IMG_1714




こちらの校舎の1階にあった校長室、職員室、放送室などを利用しております。

IMG_1713





醸造を担当するのは中子具紀氏
IMG_1728


中子氏は地元のご出身で、大阪のワインショップ勤務時にワイン造りの為に渡仏。ローヌの大岡弘武さんの元で仕事をした後、スペインのオリヴィエ・リヴィエールを経て日本に戻り滋賀県のワイナリーで仕事をされた経歴の持ち主です。

ピュアで飲みやすくきれいなワインを造りたいと日々ワインと向き合っておられます。

IMG_1720


葡萄は各地からの買い葡萄が中心となっています。葡萄の作り手(農家)さんを前面に出したワイン造りを目指していて、現在は山形県の「ぶどうと活きる」さんの葡萄が多いそうです。「ぶどうと活きる」さんは高齢化で農家が減少している中、少しでも畑を引き継いでいくことを目的に活動されているグループです
また、自社では醸造所の近くに契約畑があり、そちらからは名張のテロワールを感じられるワイン造りをしたいと話されていました。

中子さんは情熱的で勉強家。お話にぐっと引き寄せられるとても魅力的な方でした。

畑の手入れでお忙しい時期にもかかわらず、試飲までさせて頂きました。

ありがとうございました。

藤木徹