フジキのオープンから毎年開催して今年でもう8回目!!
先日5月12日、輸入元であるヴァン・クゥールの池谷社長をお招きして、シャソルネイ2016ヴィンテージを試飲イベントを開催しました!
(過去開催の様子はこちらから)
P1210765a
2016年ヴィンテージは春の遅霜の被害により、深刻な低収量かつ、一般的には難しい年といわれています。しかし、その低収量のなかから造られたワインはどれも秀逸で、「ブドウが晩熟でフェノールがしっかりと熟した2008年、エネルギッシュで芳醇な2012年、果実感が豊かな2015年の3ヴィンテージの特徴を併せ持ったハイバランスな年」とのこと!
2016年を一言で表すのなら「エレガントで女性的」。

そして今回特筆すべきなのが、フレッド氏がこれまで温めていたプロジェクトについてです。
これまでアンフォラでワインを仕込むなどの挑戦をしてきたフレッド氏、今回は特注タンクで8か月のロングマセラシオンを施した「サンロマン白」、「サンロマン赤」やそしてオークセイ・デュレス赤、サヴィニー・レ・ボーヌ、HCBのブドウで仕込まれた「ブドー」、ネゴスではローヌの白ブドウの同様に仕込まれた「ズィ・ズィ・フレッド」、そして「サヴァニャン」と、5種類が一挙にリリースとなりました。
もう一つのプロジェクトがジュラのネゴスで、サヴァニャンについては前述のロングマセラシオンと、マセラシオンなしでドメーヌと同様に仕込まれたワインの2種あります。その他に「みずみずしいシャルドネと美しいピノノワールもあります!いずれもフレッドイズムが感じられる仕上がり!」だそうです!
P1210772a
今回試飲したワインは、スパークリングを始め、白3種と赤3種の計7種類!
シャソルネイの新ヴィンテージというだけでなく、今回はジュラ産のブドウから造られるキュヴェやロングマセラシオンしたワインも登場し、期待大でした!
P1210762
[白・泡]フレデリック・コサール/Frederic Cossard  VdF ラ・シャソルナード 2016
アリゴテ100%で復活したラ・シャソルナード!
青リンゴやグレープフルーツなどフレッシュな果実と若いアーモンドの香り。ミネラリーでキュっとした酸が、繊細で柔らかな泡に溶け込みます。
P1210767a
[白] フレデリック・コサール/Frederic Cossard  VdF サヴァニャン 2016
ジュラ南部の生産者から購入したブドウで、全てドメーヌと同じ醸造方法で仕込んだというサヴァニャン。
熟したパイナップルなどしっかりした果実とレモンのような酸や岩塩のような塩辛く緻密なミネラルを感じる香りと味わい。滑らかで透明感のある旨味エキスが詰まっていて、余韻も楽しめます。
試飲会では注目の一本だったのですが、入荷数が少なく販売分がなく残念でした…。
P1210768a
[白] フレデリック・コサール/Frederic Cossard  VdF スキン・コンタクト ズィズィフレッド 2016
コーロ・デュ・ローヌ のフレッドの友人からの買いブドウで仕込んだズィズィフレッド。
パンテレリア島の造り手ガブリオ・ビーニ氏のワインからヒントを得たスキンコンタクト。樽からくる香りにマスクされない100%ブドウだけの味わい余すところなく引き出すためにフレッドが特殊なステンレスタンクで、独自の醸造にこだわったスペシャルキュヴェ。
P1210778a
[白] ドメーヌ・ド・シャソルネイ/Domaine de Chassorney  サン・ロマン コンブ・バザン 2016
梨、黄リンゴ、レモンやグレープフルーツなど爽やかな印象。スイカズラ、フュメの香り。ピュアかつフルーティーで透明感が あり、ダシのように澄んだ旨味エキスと 繊細な酸、キメの細かいミネラルと香ばしいアフター。
今回の試飲の中でシャソルネイらしさを一番感じさせてくれたワインではないでしょうか。試飲したお客様も「やっぱりこの味だな~」と余韻にうっとり。コンブ・バザン’16年は、細やかで緻密な酸とミネラルをもつため、寝かせてから楽しみたい一本だと思います。

[赤] ドメーヌ・ド・シャソルネイ/Domaine de Chassorney  サン・ロマン スー・ロッシュ 2016
グロゼイユ、グリオットなどの果実味に、赤い花やシャクヤクのような芳しい香り。口当たり滑らかかつ芳醇でしっ とりと染み入るような優しい果実味が あり、後から鉱物的なミネラルとキメ の細かいタンニンが引き締めます。滋味深くすんなり体に入ってくる美味しさです。
フレッド氏の言うとおりフレッシュかつエレガント。今でも美味しいのですが、半年~1.2年でも寝かせるとより楽しめるはず!

[赤] フレデリック・コサール/Frederic Cossard ブルゴーニュ・ブドー 2016
ピンクがかった外観に瑞々しい飲み口でフレッシュ。グロゼイユやフランボワーズの赤系果実味が若々しい印象。口当たりしなやかかつ果実味がジューシーで明るく旨味がきれいに溶け込んでいて、細かいタンニンがキュッと引き締めます。
ブドー13

[赤] ドメーヌ・ド・シャソルネイ/Domaine de Chassorney VdF スキン・コンタクト ブドー 2016
「名前はブドーだが実際ブドーのブ ドウは入っていません!」という池谷さんの説明に、てっきりブドーをスキン・コンタクトしたキュヴェだと思い試飲していた方々はびっくり。
オークセイ・デュレス、HCBピュイ・ド・ショー、サヴィニー・レ・ボーヌの霜の被害に遭ったブドウがアッサンブラージュされたスーパー・ブドーなのです! 
グリオット、キルッシュ、ハイビスカスティーのような香り。しなやかかつ芳醇、しっとりと染み入る濃厚な果実味に優しくキメ細やかなタンニンと、後味のスパイシーさがアクセント。
P1210774c
例年のシャソルネイの試飲会に比べると、ジュラのネゴスやロングマセラシオンなど新キュヴェ登場でバラエティに富んだ7本で、お客様も楽しんでくださったようで嬉しく思います!
試飲会にご参加くださった皆様、池谷社長、本当にありがとうございました!

最後に、フレデリック・コサール本人からの2016年ヴィンテージについてのビデオもぜひご覧ください!!

今回試飲会で人気もあったジュラのワインは2017ヴィンテージも継続してリリースされる予定で、2018年には新たにプールサールも登場!?
飽くなき挑戦を続けるフレッド氏のワインに乞うご期待です!今年のヌーヴォーも楽しみですね!
 
最後までお付き合いいただきありがとうございました!

入荷数が少なかった今ヴィンテージのシャソルネイのワインはこちらからご覧いただけます。
  ↓ ↓ ↓