ダール・エ・リボのドメーヌを離れ、ローヌの西側にあるアルディッシュへ。
P1070726
ここもローヌの一部ですが標高が高いのと地中海性気候になるため北ローヌとはまた違った世界が広がります。
決して恵まれたテロワールとは言えませんが、ここ数年この辺りは若手のナチュール生産者がメキメキと腕を上げてきて、ホットスポットになっています。

今回訪れたのはその中でも頭一つ以上抜きんでている感のあるジェローム・ジュレ。
P1070720
個人的に一番会いたかった方の一人です。(男前だからという理由だけでは決してありません)
写真で見ていた通り、知的で紳士的な方。さらに、カーヴは彼の手造りだというから驚きです。
P1070730
まずは畑へ。車で3分ほどのところにあるカリニャンや樹齢60年のグルナッシュ、メルローなどが植えられている畑に案内していただきました。
P1070728

P1070714
P1070716
P1070717
どのブドウ樹も立派で、大切に育てられているのが伝わってきます。
南とはいえ、標高が高いため、このときはまだグルナッシュは開花の途中で、この時期の主な作業としては無駄な枝や葉を取って風通しを良くしているそうです。
P1070723
P1070725
この辺りは近くに川があるのと、山を通って涼しい風が吹くので収穫は遅めとのこと。
2015年は今のところ北風が強く、いつもより乾燥しているそうです。
P1070727
ジェローム氏の畑には古木のブドウも多いのですが、ブドウが実らなくなってしまった古木は苗木屋さんに持って行ってある程度まで育ててもらい、ご自身で台木をセレクトして接ぎ木し、自分のところにまた植えるそうです。
カーヴといい、本当に何でも自分でやってしまうんだなぁと、ただただ驚嘆するばかりです。

その後、カーヴに戻り、醸造所を見学。
2階部分に垂直式のプレス機があり、ポンプは使わず重力で発酵槽に入れます。
手動のプレス機も未だ現役だそうで、24時間かけてゆっくりプレスすることで雑味のないジュースを絞れるそうです。
P1070733
左が手動のプレス機。ハンドルだけでもめっちゃ重いんですけど!

カーヴの中に入ると、思った以上に広く、そして最新の設備も整っています。
古いものと新しいものをうまい具合に使い分けながら最善の方法を取っているのだと感じました。
P1070735
P1070738
これは大きな冷蔵庫。地下カーヴがなく、暑いため瓶詰したワインの貯蔵用だそう。

試飲した2013、2014年ヴィンテージはあまり暑くならなかったため、白にはよかったようで、どれもしっかりと酸を感じ、南らしい厚みがありつつも最後には清涼感が残り、心地いいです。
赤も2014年ヴィンテージは難しい年だったけど満足しているというご本人のおっしゃる通り、ジェローム・ジュレらしいエキゾチックなエレガントさ、芯の強さを感じられます。
P1070757
彼のワインの美味しさは自然の恵みだけでなく、彼の努力あってこそという記事を読んだことがありましたが、
それはごつごつとした手や顔に刻まれた深い皺が物語っていました。
やはり、ワインは造り手を映す鏡ですね。彼のワインからは静かなる情熱のようなものを感じていましたが、ご本人からもそれを感じます。
次に彼のワインを飲むときは彼のところで見たものすべてを思い浮かべることでしょう。。。
P1070755
P1070742



P1070762
夜の19時くらいでもまだまだ明るいフランス。
さて、次はさらに南下してラングドックへ!
つづく