南仏訪問2日目、一軒目の訪問はドメーヌ・レスカルポレット。
モンペリエ北西のモンペイルー村にある新進気鋭の造り手です。
イヴォ 畑で
レスカルポレットのイヴォのことは
インポーター野村ユニソンさんのHPに詳しいのでそちらをどうぞ。

イヴォさんはこの土地に縁はなかったのですが、「自然にワインを造るのにはやっぱり南!」と思ってここモンペイルー村に居を構えました。

造るワインはお気軽なデイリーワインタイプではなく、テロワールと自然なワイン造りを探求する!という信念が表れている美しくも力強いワインです。

グランメゾンのソムリエという経歴が関係しているのか?
様々なグランヴァンからヴァンナチュールまで体験したうえで自分のワインを造るのですから、ビジョンがとてもはっきりしています。迷いやにごりがない。

本人も
「迷っていたら綱から落ちてしまう・・・
バランス感覚と自分を信じて行動することが大事」と言っていました。

(私は特に面食いというわけじゃありませんが)カッコよくてパッションが溢れてる人は素敵です!!

ワインも美味しけりゃ、本人もかっこいい!!最強じゃないでしょうか。
(当然ファンになってしまい、帰国後ソッコーでワインを発注しちゃいました。)

自分の見れる範囲でしか栽培&ワイン造りをしないという方針なのでレスカルポレットの生産量は限られています。あんまり美味しかったのでドメーヌで直買いしようと思ったけど、ストックが全然なくあきらめたワインが日本で買える、これって本当にすごいことだと思います。気になった方はぜひフジキへ!
そのうちテイスティングバーにも出そうと思っております。

P1010157
畑でのテイスティング兼昼食♪

イヴォが肉屋に特注したというケイパー入りのソーセージが激ウマでした。

贅沢な時間をなごりおしみつつ、バニュルスへ出発!

次回はバカンス気分と険しい自然のコントラストが美しいバニュルス・シュル・ラ・メール訪問をレポートします。