こんにちは
金木犀がいい香りですね~。

今日は先日行われたチーズセミナーのご報告を。
10月のテーマは『日本のチーズとワイン』!
最近では雑誌などにも特集が組まれたり、イベントがあったりと大注目の日本のチーズ。
今回はなかなか入手することが難しい3種類のチーズをご紹介いたしました。

まずは広島の三良坂フロマージュの「フロマージュ・ド・ブラン 桃」
濃厚でヨーグルトの様ななめらかな「フロマージュ・ブラン」に、花澤家族農園(大三島)の無農薬の桃を混ぜ込んでいます。
こちらのチーズには山梨のルミエールさんの新酒“ミルズ”がぴったりマッチ

2つ目は長野の風の谷ファームの「山羊のチーズのオイル漬け」
オーストラリア人のロバートさんが白馬のシーズンオフ時のスキー場で山羊を放牧しながら作るシェーブルチーズ。臭みが全くなく、食べやすい味わいでした。
こちらにはルミエールさんのデラウェアを4ヶ月間樽熟成させた“プレステージクラス デラウェア2011”を合わせてみました。

そして最後は長野の野麦峠の近く(かなり辺鄙なところらしいです)にある清水牧場の「バッカス・ダルパージュ」
高山放牧期間中に製造された貴重なチーズでコクがあり、日本のチーズのレベルの高さを伺える逸品でした!
こちらには設立間もない北海道函館市にあるワイナリー、農楽蔵さんの“ノラポン・ルージュ”を合わせてみました。エチケットがめっちゃかわいいです。
まだ開けるタイミングは早かったのですが、今後美味しくなるんだろうな~というポテンシャルの高さを感じました。

チーズもワインもヨーロッパに負けないくらいレベルが高くなってきていることを実感したセミナーでした。

PA241091

さて、11月のチーズセミナーはお待ちかねの「モンドール」!
今年もフランス産とスイス産のモンドールを食べ比べ!
特にスイスの「ヴァシュラン・モンドール」は日本ではなかなか見かけないのでめったにないチャンス★
お時間のある方はぜひ、ご参加くださいませ