こんにちは。


ようやく秋らしい気候になってきましたね。

うれしい半面、食欲が抑えられません。。。なんか、毎年同じこと言ってますね(笑)


さてさて、昨日は月1回のチーズセミナーの日でした。

9月のテーマは『コンテ熟成違い食べ比べ』

ということで、8ヶ月、12ヶ月、18ヶ月、24ヶ月という4種類の熟成期間の異なるコンテチーズを食べ比べしていただきました。

comte01[1]

コンテチーズとは長期保存できるハードタイプの熟成チーズのこと。

comte05[1]


フランス東部フランシュ・コンテ地方の指定された地域で製造されており、フランスで一番の生産量を誇るチーズ
です。

コンテと名乗るにはとても厳しい審査をクリアしなければならないということで、美味しいチーズの裏側には涙ぐましい努力があるのだと再確認しました。

見た目はさほど変わらない感じですが、食べてみると全然違います!8ヶ月熟成のものはミルクの濃厚な味が特徴的でしたが熟成が進むにつれナッツや干し草のような香ばしさが広がり、とても同じチーズだとは思えませんでした。

さらに、今回もう一つの目玉は合わせたワインが全てジュラ地方のワインだったこと!実はこれ、かなり貴重な機会だったんですよ!

ジュラワインは生産量も少なく、個性的なものも多いためか、日本にはあまり輸入されていません。そんな希少なジュラワインがスパークリング、白、赤、甘口と4種類も出ていたんです。

参加していただいたお客様の反応はというと、8ヶ月熟成のコンテとスパークリングが好相性とか、赤と12ヶ月がピッタリなどなど、様々なご感想があり、勉強になりました。

やはり、同じ土地のものは相性がいいですね。

comte04[1]comte03[1]
                                                                                    コンテってこんなに大きいんですね!

comte04[1]comte05[1]
みなさん、興味津々ですね♪



次回のチーズセミナーは久しぶりの『日本のチーズ』!

長野の風の谷ファームさんのシェーブルや、清水牧場さんのバッカス、広島のミラサカさんのフレッシュチーズを予定しております。

ワインも山梨のルミエールさんのワインを3種類お出しする予定です。

東京では買えないものもあるのでお見逃しなく!

お時間ある方はぜひ、ご参加くださいね。